労働力不足の解消と企業活性化につながる

シニア活躍推進宣言はもうお済みですか?

シニア活躍推進宣言をするために

~ 3つの取組で宣言企業になりましょう ~

☆ 次の7つの大きな取組項目のうち、3つ以上に該当すると宣言企業に認定されます。

1 シニアの定年や継続雇用の制度を見直す………………………

(1)定年・継続雇用の年齢を延長(66歳以上)、定年制を廃止する

(2)継続雇用や賃金の基準を明確化する

・定年や任期満了後に継続雇用する基準を明確化する

・シニアに係る賃金の基準を明確化する など

2 シニアの雇用、働く場所・機会を増やす………………………

(1)シニア向けの仕事を新たに作る

・特殊なスキルや熟練を要する業務を切り出し、シニアが従事する

・無資格、未経験等でも可能な業務を切り出し、シニアが従事する

・人材が不足しがちな早朝・夜間・土日等の勤務をシニア勤務枠とする など

(2)シニア限定の求人募集により新たにシニアを雇用する

(3)シニアの働きやすい事業分野へ進出する

・シニアが継続就労することが可能となる新たな事業を展開する など

3 シニアが安心して働ける環境を整える…………………………

(1)シニアの特性に配慮した勤務形態を導入する

・ 週3日勤務や1日5時間勤務など、シニアを対象とした短時間勤務制度を導入する など

(2)シニアの特性に配慮したシフトの導入、部署配置を行う

・シニアを対象とした負担の少ない勤務シフトを実施する

・本人の適性を踏まえ負担の少ない部署に配置転換する など

(3)シニアの負担を軽減する機械設備の導入・改善、作業方法、作業環境の改善等を行う

・シニアの負担を軽減する機械設備を導入する

・シニアが働きやすくなるよう作業方法を見直す など

4 シニアの技術・経験を生かす……………………………………

(1)技術・知識を継承する仕組みを構築する

・技能伝承計画を策定する

・シニアと若年者が組んで仕事を行う「ペア就労」や研修制度を導入するなど

 (2)シニアの経験を生かす仕組みを構築する

   ・豊富な経験を有するシニア向けの専門職を導入する

   ・特別な技能を有するシニアに支給する特別手当を導入する など

5 シニアの能力を伸ばす……………………………………………

 (1)シニア向けの研修を行う

   ・シニア向けに新技術に関する研修を実施する

   ・シニア向けにパソコン研修等を実施する など

 (2)シニアの資格取得をサポートする

   ・シニアの資格取得のための費用の一部を企業が負担する

   ・シニアの資格取得休暇(講座参加、資格受験等)を導入する

   ・シニアの資格取得を勧奨する など

 (3)シニアの能力を評価する

   ・シニア向けの評価制度を構築する など

6 福利厚生を充実する………………………………………………

 (1)シニアの健康管理に配慮する

   ・シニアに対し法定以外の健康診断の受診を勧奨する

   ・血圧計の設置などシニアが日常的に手軽に健康チェックができるようにする など

 (2)シニアのライフステージに合わせた休暇制度の導入や年休取得を勧奨する

   ・シニア向けの孫の出生時休暇を導入する

   ・シニア向けの孫の入学・卒業時休暇を導入する

   ・シニアの年休取得を勧奨する など

 (3)シニアの意欲を向上する取組を導入する

   ・シニアの永年勤続を表彰する

   ・シニア向けの永年勤続休暇を導入する など

 (4)シニアの新たな活動を促進する取組を行う

   ・シニア向けのボランティア休暇を導入する

   ・シニア向けのボランティア参加助成金を導入する など

 (5)定年間近の社員向けライフプランセミナーを実施する

7 シニアの活躍推進の取組を情報発信する………………………

   ・自社のHP、会社案内などに宣言企業であることを掲載する

   ・名刺等にシニア活躍推進宣言シンボルマークを印刷する など

一般社団法人 埼玉県中小企業診断協会

〒330-0063

埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-21三協ビル5F

電話:048-762-6125

FAX:048-762-3501

HOME

診断協会HP

シニア活躍推進宣言制度・運営事務局